ナイトドクターがありえない理由5つ!違和感すぎるのは演出のせい?

ナイトドクターがありえない理由5つ!違和感すぎるのは演出のせい? テレビ
スポンサーリンク

2021年7月期のドラマ『ナイト・ドクター』ですが、夜間医療の現場がフォーカスされた新感覚の医療ドラマとなっていますね!

しかし、初回放送からたくさんの”ありえない”が話題となっているようです。

そこで、今回はどんなことがありえないのかを調べてみました!

 

ということで、「ナイトドクターがありえない理由5つ!違和感すぎるのは演出のせい?」というテーマでお伝えしていきますね!

 

スポンサーリンク

ナイトドクターがありえない理由5つ!

ナイトドクターがありえないと言われているのには、違和感を抱くことが多い演出に原因があるかもしれません。

ナイトドクターがありえないと言われる理由を調べたところ、

① タメ口が気になる
② 医師の設定がありえない
③ 処置のしかたがありえない
④ 大事故や大事が起きすぎる
⑤ フィクションだからこそありえない設定が多い

という5つがありそうでした。

それでは一つずつ説明していきますね。

理由① タメ口が気になる

ナイトドクターでは初回放送から「タメ口が気になる」ということがかなり話題となっていました。

ナイトドクターは新設されたので、選ばれた医師は同じタイミングでナイトドクターになったということです。

しかし、何人もいる医師は皆キャリアが違います。

つまり何年も医師をしている人と研修医上がりの人がタメ口で話していることに、かなり違和感を覚えるということなんですね。

 

ナイトドクターでタメ口で話すことについてありえないと話題なのが、下の画像の5人です。

引用元:ナイトドクター公式サイト

見てわかる通り、医師のキャリアの長さが違いますね。

しかもタメ口で話そうと決めたのは、岸優太さん演じる深澤新でキャリア4年目の医師なのです。

上段の波瑠さん演じる朝倉美月や田中圭さん演じる成瀬暁人と比べるとまだ若手ですね。

 

岸優太さん演じる深澤新は、仲良くしようという気持ちで提案したのかもしれませんが、現実世界では絶対にありえないことなのではないでしょうか。

 

理由② 医師の設定がありえない

次にナイトドクターがありえないと考えられる理由の二つ目は、医師の設定についてです。

・夜間医療で一人だけにした
・夜勤明けでも元気に活動
・医者で大病を抱えている

このような問題点があるようです。

 

まず、夜間医療の現場で一人残したということに疑問が出ていました。

こちらも岸優太さん演じる深澤新医師ですが、他の医師が出払い一人だけ医局に残ることになりました。

深澤新医師は一人だけでは十分に処置や対応ができない状態です。

そこで救急の電話で受け入れ要請があったにも関わらず、受け入れを拒否してしまいました。

結果的に、救急で運ばれてきたのですが、患者は深澤新医師の妹だったんですね。

 

若手医師といってもキャリアが4年もあるのに何もできないことも疑問ですが、やはり医局に一人にされるのも首をひねりますね。

 

また、ナイトドクターは常に夜勤の状態なのですが、夜勤明けでも活動的に動けることも現実とのギャップがありました。

ナイトドクターは夜勤明けでも肌荒れなしで元気に活動できるのは、やはりドラマだからという理由が考えられますね。

 

さらに、大病を抱えた医者がいることについても話題になっていました。

北村匠海さん演じる桜庭瞬は心臓病で、ドナーにより心臓を移植していたんです。

投薬は一生のようで、負担のかかる仕事などはできない体のようです。

ナイトドクターともあれば、休み以外は夜勤ですし、かなり体のバランスが崩れますよね。

しかし、持病を持った医師に関しては共感や感動の声が多く、背中を教えもらえるエピソードになっているようです。

理由③ 処置のしかたがありえない

ナイトドクターがありえないと言われている理由の三つ目は「処置のしかたがありえない」ということです。

特に2021年もまだコロナ禍で感染対策の徹底が騒がれていますね。

そんな中、患者を処置するのに「マスク、ゴーグルをしない」という対応が問題視されています。

医療に関して詳細は分かりませんが、病院は衛生面をかなり注意しなければならない現場ですよね。

ですので、マスクやゴーグル、エプロンなどは一つの処置ごとにすべきという意見がとても多く見られました。

 

理由④ 大事故や大事が起きすぎる

またナイトドクターがありえないと言われる理由の四つ目としては「大事故や大事が起きすぎる」という点です。

第1話:工事現場で崩落事故発生。重傷者3名を受け入れ処置。
第2話:ウォークイン当番で重病の乳児を見過ごし、大事になる。
第3話:2話の続きで、変質者だった病人が朝倉(波瑠)を襲う。無保険患者の治療についての回。

ナイトドクターのあらすじはこちらから見られます。

 

ナイトドクターでは、毎回ヘビーな内容の大事故や大事が頻繁に起こっていて、現実と離れていると感じることもあるかもしれません。

しかし、ドラマとしては何もない平穏な一日で一時間番組が終了することはないですよね。

なので、どうしても大事故や大事が毎回の放送で起こることは、ドラマという性質上仕方ないとも思えます。

理由⑤ フィクションだからこそありえない設定が多すぎる

最後にナイトドクターがありえないと言われる理由としては、「フィクションだからこそあり得ない設定が多すぎる」ということです。

第2話では、朝倉美月(波瑠)の父親が夜間に病院へ診察に来たことから、朝倉美月の同僚の深澤新(岸優太)の部屋に数日間居候することになりました。

深澤新は朝倉美月と寮で部屋が隣同士なのですが、父親が強引に泊まることになりました。

 

ドラマだからか、深澤新は文句を言いながらも朝倉美月の父親を部屋に泊めていますが、普通ならありえない設定ですね。

ナイトドクターは面白いの声も!

ナイトドクターはありえないという理由と口コミを調べてきましたが、「面白い」という声も多く見られたので、こちらで紹介します。

まとめ

今回は「ナイトドクターがありえない理由5つ!違和感すぎるのは演出のせい?」というテーマでお伝えしてきました。

ドラマという性質上、ありえないと言われてしまうこともあり、理由を調べてみました。

ナイトドクターがありえないと言われる5つの理由としては、

① タメ口が気になる
② 医師の設定がありえない
③ 処置のしかたがありえない
④ 大事故や大事が起きすぎる
⑤ フィクションだからこそありえない設定が多い

というものがありました。

ただ、面白いと感じている方も多くいるので、これからもナイトドクターの放送を楽しみましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
テレビ
Akikoをフォローする
ニコニコブログ
タイトルとURLをコピーしました