ホームランダービーで背番号44の理由はなぜ?大谷翔平やメジャーの選手が同じ!

ホームランダービーで背番号44の理由はなぜ?大谷翔平やメジャーの選手が同じ! スポーツ
スポンサーリンク

ホームランダービー2021が始まりました!

そこで、話題となっているのが打者として出場する選手たちの背番号です。

ホームランダービーに出場している選手全員の背番号44となっているのはなぜでしょうか?

 

「ホームランダービーで背番号44の理由はなぜ?大谷翔平やメジャーの選手が同じ!」について調査してみました!

 

ホームランダービー2021の時間や視聴方法もこちらでご紹介しています!

ホームランダービー2021の時間はいつでテレビで見れる?ネット視聴方法は?

スポンサーリンク

ホームランダービーで背番号44の理由はなぜ?

ホームランダービーで打者全員の背番号が44となっている理由としては、ある選手への追悼の意が表されているようです。

 オールスター選手が参加した練習では今年亡くなったハンク・アーロン氏に敬意を示し、大谷を含めた全員が背番号44を付けたユニホームを着用。

引用元:Yahooニュース

ホームランダービーで選手全員が同じ背番号44のユニフォームを着ているのは、ハンク・アーロンさんへの敬意を示しているようです。

 

 

ハンク・アーロンはどんな人?

ハンク・アーロンさんは、アメリカの大リーグで通算755本ものホームランを打った選手です。

しかし、2021年1月22日に86歳で亡くなりました。

亡くなる前にワクチン接種を受けていたのですが、因果関係についてはわかっていないようです。

米大リーグで通算本塁打数755本のハンク・アーロン氏が1月22日死去した。実は、1月5日に同氏はテレビカメラの前でモデルナのワクチン接種を受けていた。「ワクチン懐疑者が多い黒人層に対して少しでもお役に立てるなら」との気持ちであった。しかし、特に問題視されなかった。ところが、ロバート・ケネディ氏がツイッターで疑義を呈した。

引用元:Yahooニュース

スポンサーリンク
スポーツ
Akikoをフォローする
ニコニコブログ
タイトルとURLをコピーしました