『耳をすませば』の実写映画が話題!平川雄一朗監督のおすすめ映画3選

『耳をすませば』の実写映画が話題!平川雄一朗監督のおすすめ映画3選 トレンド
スポンサーリンク

集英社りぼんで連載された、柊あおい原作の『耳をすませば』。1995年には、スタジオジブリでアニメーション映画化もされたので、皆さん一度は耳にした、もしくは観たことがあるのではないでしょうか?その『耳をすませば』が、平川雄一郎監督によって実写映画化されると注目を浴びています。

今回は、耳をすませば 実写映画を手がける平川雄一郎監督のおすすめ映画作品を3つに絞ってご紹介していきます!

スポンサーリンク

平川雄一郎監督のプロフィール

  • 生年月日:1972年1月23日
  • 年齢:50歳(2022年8月現在)
  • 職業:映画監督、ドラマ演出家

二宮和也さん、 ‎山下智久さん、‎鈴木杏さんらが出演した、2003年のドラマ『Stand Up ‼』第7話で初演出を手掛け、それ以降はTBS制作の作品を中心に活躍されています。

有名なドラマ作品

『世界の中心で、愛をさけぶ』、『セーラー服と機関銃』、『ROOKIES』、『JIN-仁-』 など。

平川雄一郎監督のおすすめ映画作品3選

約束のネバーランド(実写映画)

あらすじ

とある孤児院「グレイス=フィールドハウス」(通称GFハウス)は、一見幸せに満ちた楽園であるかのようにみえますが、各地から集った血の繋がりのない孤児たちは、ママと呼ばれるシスター・イザベラ(北川景子)のもと、家族同然の関係を築きあげています。

このGFハウスでは特殊な教育を受けて育ち、6~16歳までに里親へ引き取られていきます。もうじき16歳になるエマ(浜辺美波)は頭脳・身体能力抜群の持ち主であり、いつか自分たちも外の世界に出て幸せに暮らすことを夢に見ていました。ある日、里親が見つかったコニーを笑顔で見送ったエマですが、ひょんなことから驚愕の事実を目の当たりにしてしまい・・・。

見どころ

孤児たちと利害関係が一致し、協力関係を築くことになるシスターに起用されたのは、渡辺直美さん!補佐役兼監視役として本部から送られたクローネは、イザベラに忠実に誓う素振りをしながら、裏では下剋上を計画して孤児たちと協力関係を築きます。エマたち孤児の脱獄計画は、その後どのように発展していき、目的は果たせるのか、ハラハラどきどきのストーリーです。

僕だけがいない街(実写映画)

あらすじ

主人公の藤沼悟(藤原竜也)は売れない漫画家で、ピザ屋でアルバイトしていました。友達も恋人もいない悟を気にして、コミュニケーションをとろうとするバイト仲間の女の子・片桐愛梨(有村架純)は、悟にいつもそっけない態度をとられていました。

そんなある日、悟は「リバイル」という時間が急に巻き戻ってしまう不思議な現象に遭います。なんとその現象は、何か事件を防がない限り時間が進まない仕組みでした。悟はリバイルを繰り返しながら、何者かに殺された母親と同級生の事件が関係していると考え、母を救うために事件の真相を追うことにしました。果たして事件を防ぐことができるのか、そして真相を明らかにすることができるのでしょうか・・・?

見どころ

過去に戻って事件を防ごうとする斬新な設定が魅力的な作品です。一方で、原作を知っているファンからは、ひどい!と炎上している情報もあります。なぜなら、映画には原作にはないオリジナルの展開があるからです。ひどいと言うファンもいる反面、オリジナル展開があることによって面白かったという感想も多数あります。原作を知っている方でも、知らない方でも楽しめる作品になっていると思いますよ。

耳をすませば(実写映画)

あらすじ

読書が大好きな中学1年生の月島雫は、図書室の貸し出しカードに天沢聖司という名前が度々あることに気づきます。そのうちに、顔も知らない彼への思いを巡らせていきます。そんなある日、電車の車内で出会った猫・ムーンに導かれ、地球屋という不思議なお店に迷い込みます。店内で猫の男爵人形・バロンや古いからくり時計などを店主の老人・西司朗に紹介してもらい、雫は喜ぶのですが、父へお弁当を届けるという約束を思い出し、その場をあとにします。雫はその後地球屋に訪れますが、店は閉まっており、途方に暮れていると男子学生が話しかけてきます。その男子学生こそが雫が思いを巡らせていた、天沢聖司だったのです。ある日、聖司は夢を叶えるためにイタリアへ渡ると決意し、2人はそれぞれの夢を追いかけながら、また必ず会おうと誓い合います。それから10年後、果たして雫と聖司の恋の進展と夢はどうなっていくのでしょうか・・・?

見どころ

この作品は主人公の雫が和訳した「カントリーロード」の音楽とともに、聖司との恋の進展や10年後の物語というところが見どころです。また今回は実写化ということで、雫を演じる清野菜奈と聖司を演じる松坂桃李、山田裕貴や内田理央といった豪華俳優の演技も見どころになるでしょう。

まとめ

今回は、耳をすませば 実写映画化で注目を集めている、平川雄一郎監督のおすすめ映画をご紹介しました。ラブストーリーから青春、サスペンスストーリーまで幅広く手がけられていますね。『耳をすませば』には、清野菜奈や松坂桃李 結婚ブームを巻き起こしている俳優たちが出演しているところにも注目です。10月公開予定の耳をすませば 実写映画への期待が高まりますね!

スポンサーリンク
トレンド
Akikoをフォローする
ニコニコブログ
タイトルとURLをコピーしました